1d1o - 創作おっさんのふきだまり

創作したおっさんを描きます。おにいさんやジャリが発生することもあるだろう。

030 エウセビオス

f:id:kgmt:20170730174625:plain

大魔法使いエウセビオス。ファンタジーワールドの住人です。
何十年も隠遁して魔法や薬草なんかの研究に没頭している。

最近、大変魔力が高く研究熱心な男児が弟子入りした。
ふたりしてキショいが役に立つ薬草*1なんかを研究・開発している。

名前がギリシャ風なのは私が単に思いつかなかっただけです。

画像アップロード後に気息記号付け忘れてるのに気づいてあわてて書き足した。

30人目のおっさん(じいさん)を描いたので、更新がこれからゆっくりになると思います。

*1:例えば、マンドラゴラのように叫び声を上げるが、うるさい以外には特に害がなくおいしい植物でジャムを作ったりしている。料理風景は凄惨の一言に尽きる。

029 ダイヒマイヤー

f:id:kgmt:20170729162445j:plain

テオドール・ダイヒマイヤー

Theodor Deichmeyer 政治秘書。30歳手前ぐらい。
「第1秘書のダイちゃん」として筆者から雑なネーミングをされた男。
せンせいに惚れている。
せンせいの秘密を知ったとき、覚醒するであろう男(意味深)。

お茶濁し


f:id:kgmt:20170728192142j:image

おれは濁すぞーッジョジョーッ

028 ロドリゴ

f:id:kgmt:20170727202304j:plain

ロドリゴ・マルティネス

Rodrigo Martínez、スペインの田舎の殿様。
たぶん本名はもっとクッソ長い。

複雑なことはあまり考えず、枢機卿アウトソーシングしたり、力押しでなんとかしたりするが、政治的な心得はあるので、万魔殿*1でうまく生き残っている。

口癖の「ヘイ」は実質"¡Ay!"なんかだと思う。

最近ここ考えるのめんどいというかそもそも得意でないので、説明が雑だが、これで方向性合っていますか?

*1:宮廷のこと。

027 ライムンド

f:id:kgmt:20170726123111j:plain

ライムンド

10代前半くらいの少年僧侶。イベリア出身にしては珍しく、金髪である。
ベネディクト会の色の僧服を着せたが、作者の設定不足により、今後この設定はなんぼでも覆る可能性があります。

数年前にパグの赤ん坊を拾ったのだが、それがアーモンドの木の下であったため、「アルメンドラ*1」と名付け可愛がっている。
ライムンドがお務めをしているあいだは、イニゴに犬の面倒を見てもらっている。

中世ヨーロッパにパグがいたかどうかはしらん。

*1:almendra: アーモンドの意

お茶濁し

f:id:kgmt:20170725173857j:image

ヴィルフリートですね。

今日も茶濁しですね。

026 イニゴ

f:id:kgmt:20170724191627j:image

ちょっと右手にいやなかんじの範囲で火傷してしまったので、詳細は後日書きます

色塗る前に火傷した

 

以下、追記

イニゴ

Iñigo、枢機卿に仕えるモロ人の大男。名前は枢機卿が適当につけたもの。性格はわりと温厚。
よく八つ当たりされている。
かつて負った傷のため、声が出ない。

娼婦の恋人がいる。
ジェスチャーで伝達したい内容をよく誤解される。